2100-06-20

電子書籍で自己(自費)出版しませんか!


2012年10月25日に日本でも待望のKindle用電子書籍サイト「Kindleストアー」が始まりました。
これに伴い出版社を必要とせず電子書籍で自費出版ができる「Kindle ダイレクト・パブリッシング」(KDP)日本版もスタートいたしました。

KDPでの出版においては、著者にランニングコストなどの費用は一切かかりません。
書籍が売れたらロイヤリティ(印税)がアマゾンから支払われます。アマゾンはこの時にのみ費用を徴収します。

いまや誰もが本を電子書籍として気軽に出版できる時代が到来いたしました。紙の本を自費出版するには、大きな金銭的な負担がありましたが一挙にこの問題が解消したのです。MS Wordなどで原稿を書けば出版が可能になります。
電子書籍なら欠品も絶版もありません。そして、自費出版した本の在庫で苦しむこともありません。出版後に必要が生じたら改訂版を出すことも出来ます。

紙の本を出すにはある程度のボリュームの原稿を書きためる必要がありました。電子書籍ではページ数は自由なので必要な分量の原稿だけで出版ができます。「Kindle singles」という新しいコンセプトの出版が登場致しました。この分野にはすでに多くのベストセラー作家がアメリなどでは誕生しています。書き手にも読み手にも非常に都合の良い出版サービスと言えると思います。

KDPの対象として次のようなものが考えられます。自分史、郷土史、家族と家系史、俳句や短歌集、エッセイや小説、童話、研究論文、子孫に語り継ぎたいこと、日記集、手紙集、紀行文、自慢のレシピ集、子育てのノウハウなどなど

あなたも電子書籍を出版してみませんか!
弊社がお手伝いをさせていただきます。
こちらをクリックしてください。
このページの画面上部のQ&Aなど参照ください。

0 件のコメント:

コメントを投稿